家電 , 生活家電 , 衣類スチーマー・ハンガースチーマー,successsignature.com,コンパクト,パナソニック,衣類スチーマー,6525円,/jagat799794.html,NI-FS420-W,ホワイト 6525円 パナソニック 衣類スチーマー コンパクト ホワイト NI-FS420-W 家電 生活家電 衣類スチーマー・ハンガースチーマー パナソニック 今だけスーパーセール限定 衣類スチーマー コンパクト NI-FS420-W ホワイト 家電 , 生活家電 , 衣類スチーマー・ハンガースチーマー,successsignature.com,コンパクト,パナソニック,衣類スチーマー,6525円,/jagat799794.html,NI-FS420-W,ホワイト パナソニック 今だけスーパーセール限定 衣類スチーマー コンパクト NI-FS420-W ホワイト 6525円 パナソニック 衣類スチーマー コンパクト ホワイト NI-FS420-W 家電 生活家電 衣類スチーマー・ハンガースチーマー

パナソニック 今だけスーパーセール限定 衣類スチーマー コンパクト NI-FS420-W ランキングTOP5 ホワイト

パナソニック 衣類スチーマー コンパクト ホワイト NI-FS420-W

6525円

パナソニック 衣類スチーマー コンパクト ホワイト NI-FS420-W




立ち上がり時間が約30秒で、簡単・手軽にサッと使える。
連続※1 パワフル&ワイドスチームで、しっかり衣類ケア。
※1 アイロン面の温度変化により、スチームの出方がかわります。
パワフルスチームで7つのニオイを脱臭 ※2。除菌※3やアレル物質抑制※4※5にも。立ち上がり時間が約30秒で、簡単・手軽にサッと使える。連続※1パワフル&ワイドスチームで、しっかり衣類ケア。パワフルスチームで7つのニオイを脱臭 ※2。除菌※3やアレル物質抑制※4※5にも。※1 アイロン面の温度変化により、スチームの出方がかわります。※2 脱臭効果(当社調べ)【 試験対象】生乾き臭・ペット臭・加齢臭(ノネナール)・汗臭・タバコ臭・飲食臭(焼肉・焼き魚)【 試験方法】ニオイをつけた ウールの生地に約10秒間パワフルスチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価【 試験結果】対象臭気それぞれにおいて、有意な臭気抑制効果を確認【 試験対象】防虫剤臭(樟脳)【 試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間パワフルスチームをあて、脱臭効果をガスクロマトグラフィー質量分析法にて評価【 試験結果】対象臭気において、有意な臭気抑制効果を確認※3 除菌試験内容【 試験依頼先】財団法人日本食品分析センター【 試験成績書発行番号】第16107291001-0101号、第16107291001-0201号【 試験成績書発行日】2016年10月17日【 試験方法】アイロン面を押しあててパワフルスチームをあてた菌付着布の除菌確認【 試験結果】99%の除菌効果(試験は2 種類の菌で実施)※4 ダニ由来アレル物質試験内容【 試験依頼先】パナソニック(株)解析センター【 試験報告書番号】4AA33-161003-F01【 試験報告書発行日】2016年10月14日【 試験方法】アイロン面を押しあててパワフルスチームをあてたダニ(Derf1)抽出液付着布の不活化試験【 試験結果】1秒間の処理で90%以上の不活化率、3秒間の処理で97%以上の不活化率※5 花粉アレル物質試験内容【 試験依頼先】パナソニック(株)解析センター【 試験報告書番号】4AA33-161003-F01【 試験報告書発行日】2016年10月14日【 試験方法】アイロン面を押しあててパワフルスチームをあてた花粉(Cryj1)抽出液付着布の不活化試験 【試験結果】1秒間の処理で96%以上の不活化率、3秒間の処理で98%以上の不活化率

パナソニック 衣類スチーマー コンパクト ホワイト NI-FS420-W

')

<title>パナソニック 今だけスーパーセール限定 衣類スチーマー コンパクト NI-FS420-W ホワイト " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報